■他サイズ
 ・サイズ46  ・サイズ49
 ・サイズ52  ・サイズ55






■状態:新品


■商品説明

・LAPIERRE(ラピエール)

ラピエールは、ワインとマスタードで有名なフランス・ディジョンに拠点を置き、創業1946年というフランスでも老舗に数えられるブランド。
現在はロードバイク、MTB、クロスバイクを中心とした総合自転車メーカーとしてヨーロッパを中心に展開し、年間生産台数はのべ9万台を誇る。
60年以上の長い歴史の中ではフランス国内での流通が主でしたが、2002年よりインターナショナルマーケットに進出。
まずはフランス語圏より、次第に英語圏へシェアを拡大。
ラピエールは、KOGAやREDLINEといったブランドを所有するオランダのアクセルグループの一翼を担い、シマノ・ヨーロッパともより良い関係を築く。
そういった最良の環境の中で最先端のテクノロジーを駆使し、時代をリードした製品をリリース可能に。
たとえばロード用製品のプロトタイプをサポート・プロチーム"FDJ"を介してテストに貢献するなど、レース活動と同時に機材開発の分野にも貢献。
MTBではワールドカップダウンヒルで10回も金メダルを獲得したニコラ・ブイヨが製作に関わり、オリジナルDHバイクをリリース。
また複数のチームサポートを行っており、フランスではロードバイクと同等、それ以上の人気を集める。
本社では、コンプリートバイクのアッセンブルを行い徹底したクオリティコントロールを目指す。
いくつかのセクションは「ワークショップ」と呼ばれ、職人の手作業によりバイクを迅速に確実に組みあげる。
バイク1台1台には、チェックシートが添付され、組み付けを行った担当者がサインを入れることで、コンシューマーに信頼と安心を提供している。
さらに設計やプロスペック用バイクの製作、強度試験などを行うブースなど開発に必要なすべての要素を揃え技術革新も怠らない。
フランス広しといえども、これほどまでの規模の工程を自社で行うブランドはほか類をみないはずである。
その答えはラピエールに乗ることで確かめられる。

・AIRCODE SL 500

ラピエール初となるエアロロードバイクとして2014年にデビューした「AIRCODE」。3年越しにモデルチェンジを果たした今作は、”ゴールスプリントでの勝利”という部分を追求し、よりエアロダイナミクスを強化したデザインを採用しています。新たに採用されたTTバイク然としたシートチューブの造形など、各所エアロダイナミクスを向上させるアップデートを加えている意欲作です。









■材質
・フレーム:AIRCODE SL CARBON
・フォーク:AIRCODE SL Full Carbon - Carbon Steerer






■スペック

・対応コンポーネント:シマノDi2、カンパニョーロEPS、機械式コンポーネント全般
・対応BB:SHIMANO PRESSFIT 86.5mm
・特記事項:

※本商品の仕様やデザインは予告なく変更となる場合がございます。
※掲載画像はイメージです。また、実際のスペックと一部異なります。






驚きの値段で AIRCODE 2016モデル (ラピエール) LAPIERRE SL サイズ55(180-185cm)フレームセット MCP 500-フレーム

驚きの値段で AIRCODE 2016モデル (ラピエール) LAPIERRE SL サイズ55(180-185cm)フレームセット MCP 500-フレーム